logo

フェンダー、定番ギターアンプデザインのワイヤレススピーカ--電源オンでギターサウンド再生

加納恵 (編集部)2019年01月25日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アユートは1月25日、Fender(フェンダー)ブランドのワイヤレススピーカ「INDIO(インディオ)」を発売すると発表した。片手で持ち運べ、フェンダーの歴代の定番ギターアンプのデザインを踏襲する。発売は2月8日、想定税込価格は3万9980円。


「INDIO(インディオ)」
「INDIO(インディオ)」

 INDIOは、8.9mmのウーファー2つと16mmのトゥイーター2つを搭載したワイヤレススピーカ。Bluetooth接続に対応し、3.5mmの外部入力端子も装備。オーディオコーデックは、aptX,、ACC、SBCをサポートする。

 高さ21.6cm✕幅24.5cm✕奥行き12.2cmで、重量約4kgのミドルサイズモデル。大 60Wの高出力で、迫力ある再生音を実現sるうとしている。内蔵バッテリーは最大25時間の連続再生が可能。2台のINDIO をワイヤレスでデイジーチェーン接続できる「DUO」 機能も備え、左右振り分けてのステレオ再生モードと、モノラル再生モードの両方に対応する。

 BLACKとBLONDEの2色を用意し、電源オンやBluetoothペアリングの際に、ギターサウンドが再生される。

 エコーキャンセル付きマイク搭載によるトーク機能により、ハンズフリー通話も可能。曲の変更、再 生・一時停止などスマートホンの遠隔操作を可能にするコントロールボタンや、スマートホンの充電用としても使えるUSBポートも備える。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]