logo

Slack、ロゴを刷新--旧バージョンは「本来の役割を果たしていなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Slack」を運営するSlack Technologiesは1月16日、ブランドデザインのリニューアル計画の第一弾として、ロゴを刷新したと発表した。

キャプション

 変更理由について同社では、「本来のロゴの役割を果たしていない」としており、創業前に作られたロゴを刷新することになったという。旧ロゴは、Slackのチャンネル名の前についているシャープ記号に似せたものだが、11色という多数の色で構成されていたことから、白地以外の背景に配置したり、角度や色の微調整を誤ったりすると違和感のある見た目になっていたという。

 この問題を解決するため、用途別に複数のバージョンをデザインしたが、結果としてアプリのアイコンのデザインもバラバラになり、場所に応じて異なるロゴデザインが表示されるようになっていたという。そこで統一感を出すべく、ブランドデザイン刷新を決定した。

キャプション
複数のバージョンに別れていたSlackの旧ロゴ

 新ロゴは、Slack社内のデザイン・ブランド担当チームとグラフィックデザイン会社PentagramのMichael Bierut氏のチームがタッグを組み、より一貫性のある新しいビジュアルアイデンティティ創出に取り組んだ。今後、数カ月をかけて、ウェブサイトや広告、製品の一部など、Slack関連のビジュアルを変更していく予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]