logo

NASAが"宇宙のリース"の画像でホリデーシーズン彩る

Leslie Katz (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月28日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宇宙もホリデーシーズンを祝っているようだ。

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間12月22日、魅惑的に光が反射したちり雲の渦の中心にある、変光星のとも座RS星の画像を公開した。まるで地球に向けて放たれた、ホリデーシーズンをほうふつとさせる光をまとったクリスマスツリーのような1枚だ。NASAのHubble宇宙望遠鏡が撮影したこの美しい画像は、きらびやかな光をまとったクリスマスリースのようにも見える。このようなリースは、Walmartでは購入できないだろう。

NASA RS Puppis
提供:NASA

 いわゆるケフェイド変光星の一種であるとも座RS星は、6週間の周期で明るくなったり、暗くなったりする。NASAによると、この星は地球から約6500光年離れていて、太陽の10倍重く、明るさは太陽の1万5000倍あるという。

 まさにホリデー精神に溢れている。

 Hubbleはつねにさまざまな画像を提供してくれる。一連の印象的な画像の1つとして、NASAは11月、宇宙に笑顔が浮かんでいるように見える画像を公開した。宇宙分野で画期的な出来事もいくつかあった2018年に、宇宙研究家たちをさらに笑顔にする1枚となった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]