logo

Snapchat、ネコ用に続き犬用レンズをリリース

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月27日 09時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snapchatに、犬用のレンズが追加された。10月にリリースされたネコ用のレンズに続くものだ。クリスマス直前に追加された今回のレンズで、犬をトナカイに変身させたり、メガネをかけさせたり、ピザで顔を囲ったりできる。

 ユーザーは長い間、自撮り写真にアニメーションを加えるためのSnapchatレンズを犬に使ってきたが、人間専用のフィルタを犬にうまく適用できないこともあった。犬専用を使えば、アニメーションの蝶々が、犬の鼻の頭にちゃんと表示されるはずだ。

提供:YouTube/Snap/Screenshot by CNET
提供:YouTube/Snap/Screenshot by CNET

 ペットを愛するユーザーに訴求するのは、ユーザー数が縮小しつつあるSnapchatにとって賢明な動きかもしれない。Snapchatを開発するSnapは10月、第3四半期に同アプリに毎日ログインしたユーザーの数は1億8600万人と発表し、Snapchatのデイリーアクティブユーザー数が2四半期連続で減少したことを明らかにした。その前の四半期のデイリーアクティブユーザー数は1億8800万人だった。

 Snapに、犬用レンズについて詳細情報とコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]