logo

ナイキ、靴紐が自動で締まるシューズの新作を2019年春に発売へ

Mike Sorrentino (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月25日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nikeは2016年、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に登場したような、靴紐が自動で締まるシューズ「Hyperadapt(ハイパーアダプト)1.0」を発売した。このシューズは720ドル(日本では税込8万1000円)と高価だが、同社は2019年春、350ドル(約3万8600円)の新モデルを発売する計画だ。

 SoleCollectorの報道によると、Nikeの最高経営責任者(CEO)のMark Parker氏は米国時間10月20日、決算発表の電話会議でこの計画を発表し、この新製品がパフォーマンスバスケットボールシューズとなることも明らかにしたという。

Hyperadapt 1.0
Hyperadapt 1.0
提供:Nike

 Hyperadapt 1.0では、ユーザーが靴に足を入れると自動で靴紐が締まる。具体的には、かかと部分のセンサを使って靴紐を閉めた後、側面のボタンで装着感をさらに調節する。

 バスケットボールシューズ分野に進出するHyperadaptシリーズとして見た場合、350ドルという価格は前作よりもはるかに安い。しかし、誤解してはいけない。シューズの価格としては、依然として高価だ。例えば、Nikeのバスケットボールシューズ「Lebron 16」は185ドル(日本では税込2万1600円)で販売されている。

 Nikeはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]