logo

道路の変化をAIを使った動画解析で検知--ウェザーニューズ、道路管理支援システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェザーニューズは12月20日、より高品質な道路管理を支援するため、2019年夏までに「AI道路管理支援システム」を実用化すると発表した。

キャプション

 現在、道路管理に必要な路面状況(積雪・凍結・損傷など)の把握は、現場や定点カメラを目視で確認する方法が主流となっているが、目視では発見までに時間がかかることや、人によってばらつきが出るという課題があある。

 同社が実用化を予定している同システムは、最先端のAI技術を用いた動画解析によって路面状況の変化を自動で検知・マッピングすることで、積雪や損傷の早期発見・早期対処を可能にするのが特徴。

 情報通信研究機構(NICT)、クレアリンクテクノロジー、IoTコンサルティングの技術協力によって、車載カメラ映像の高解像度での伝送や低コストでの導入が実現できるという。

 動画解析は、さまざまな用途で利用が始まっているが、道路管理者向けにリアルタイム解析が実用化されると日本初の取り組みとなる。

 なお、盛岡市内を走行する車両の車載カメラ映像から、事故やパンクの原因となる路面損傷を検出する目的で、リアルタイム画像転送の実証実験を10月22〜23日に実施していた。今冬は、路面凍結・積雪の把握や白線検知に関する実証実験を行うという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]