logo
Kickstarter

飛び出すダンパーでiPhoneを守る衝撃吸収ケース「ADcase」--Kickstarterに登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンは落とすと画面が割れやすいため、さまざまなタイプの保護用ケースが存在する。Appleは電子デバイスを直接守る目的で、落下中に衝撃吸収ダンパーを出す技術の特許を取得した。

 このAppleの特許を応用したかのようなスマートフォン用ケース「ADcase」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した。現在、支援を募集している。

飛び出したダンパーが落下の衝撃を吸収(出典:ADcase公式サイト)
飛び出したダンパーが落下の衝撃を吸収(出典:ADcase公式サイト)

 ADcaseは、各種iPhoneに装着可能なジャケット型ケース。落下を検知すると、四隅から爪(つめ)状のダンパーをそれぞれ上下に飛び出させる。このメカニズムにより、落としても地面などにiPhoneをぶつけず、落ちたときの衝撃を爪で吸収して画面割れなどを防ぐ。

iPhoneを地面に衝突させない(出典:ADcase公式サイト)
iPhoneを地面に衝突させない(出典:ADcase公式サイト)

 爪は4方向の上下に飛び出るため、360°どの方向から落ちてもiPhoneを守れるという。飛び出た爪はADcase内に戻すことが可能で、繰り返し使える。

360°どの方向から落ちても守る(出典:Kickstarter)
360°どの方向から落ちても守る(出典:Kickstarter)

 ADcaseを装着したままの状態でも、Lightningケーブルに繋いでiPhoneを充電できる。さらに、Qi非対応のiPhoneをADcase経由でワイヤレス充電することも可能。

 対応しているiPhoneのモデルは、iPhone X/XS/8/8 Plus/7/7 Plus/6/6 Plus。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間1月16日まで。目標金額の55万ユーロ(約7022万円)に対し、記事執筆時点(日本時間12月18日15時)で約2万ユーロ(約255万円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと28日ある。

ADcaseの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]