logo
Indiegogo

手の不自由な人も使いやすいPCやスマホ用キーボード「Key-X」--ボタン11個で操作

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強い近視の人でも日常生活をほとんど支障なく送れるのは、眼鏡やコンタクトレンズが存在するおかげだ。PCやスマートフォン、インターネットのようなICTも、障がいを持つ人々の社会参加に役立っている。ただし、腕や手、指を思うように動かせない人にとって、PC用のキーボードとマウスは操作が難しい。

 そこで、手などを動かすことが困難な人でも使いやすいキーボード「Key-X」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

手を動かしにくい人のPC操作を支援(出典:Indiegogo)
手を動かしにくい人のPC操作を支援(出典:Indiegogo)

 Key-Xは、大きなボタンが11個だけ設けられたキーボード。PCのほか、Android対応のスマートフォンおよびタブレットの入力デバイスとして使える。手や指の細かなコントロールが苦手な脳性麻痺、パーキンソン病、多発性硬化症、アルツハイマー、ダウン症、自閉症といった人の利用を想定している。

 11個のボタンだけで、アルファベットと数字、その他記号の入力が可能はほか、カーソル移動やマウス操作も実行できる。テキスト入力、ウェブ閲覧、ゲームなどさまざまな用途が考えられる。

操作しやすい11個の大きなボタン(出典:Indiegogo)
操作しやすい11個の大きなボタン(出典:Indiegogo)

 ボタンの間隔が広いため、押し間違いをしにくい。ボタンは感度が高く、軽い力で反応する。逆に、強く押しても壊れず、足でも操作できるという。まばたきを認識するデバイス「a-Blin-X」、押しやすい外付けボタン「X-Trig」、握る操作をボタン押下に変換する「X-Queeze」などのアクセサリも用意している。

 使用にあたって特別なソフトウェアをインストールする必要はない。PCなどにUSB接続すればすぐ使えるという。

 Indiegogoでの目標金額は1万5000ドル(約170万円)。記事執筆時点(日本時間12月17日14時)で4765ドル(約54万円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと55日ある。

Key-Xの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]