logo

治療方針や画像などを患者とシェアできる歯科医院向けシステム「メディカルBOX」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストランザは12月17日、医療情報(撮影画像および、動画や同意書)や書類などのデータを患者ごとにクラウドで一括管理できる日本初のサービス「メディカルBOX」を12月20日に提供すると発表した。

キャプション

 メディカルBOXは、歯科医院専用の予約管理システム「Apotool & Box」の標準機能の一部として追加され、医療情報であるレントゲン写真、口腔内の撮影画像および、動画や、同意書などの診療に関わる書類などのデータを患者ごとにクラウドで一括管理できるのが特徴。Apotool & Boxの画面上で、過去の画像とスムーズに比較でき、治療の進み具合を簡単に確認できるようになる。

 また、患者に説明する際、どこを治療したのかわかりやすくするために、画像の一部に丸やチェックを付けるといった編集機能も備え、その画像を治療方針のコメントなどを添えて、患者とシェアも可能。

 さらに、これまでは把握が難しかった、日々のブラッシングや食事の状況(咀嚼・嚥下行動を含む)など、診療室外での患者の生活行動も画像や動画を撮影・共有し、把握できるようになるという。

キャプション
キャプション

 運用上のセキュリティ対策として、パスコードによる認証を採用しており、同社との契約時に登録しているユーザー医院の携帯電話番号に、毎日変更されるパスコードが送信される。医院側がパスコードの管理責任者をたて、毎朝確認したパスコードを医院内で共有するといった使い方を想定している。

 今後は、2019年1月末に、診察券アプリとの連携を予定している。これにより、患者との医療情報や書類などのデータを相互シェアが可能となる。患者は、医院から共有された診療データを持って、セカンドオピニオンを受けることも可能。

 また、災害発生時には遺体の身元確認などのため、歯のレントゲン写真が用いられることがあるが、クラウドで管理されているデータがあれば、そのような場合にも役立てられると考えているという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]