logo

東芝エルイー、Bluetooth搭載ポータブルCDなどオーディオ3機種を発表

加納恵 (編集部)2018年12月13日 15時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝エルイートレーディング(東芝エルイー)は12月13日、CDラジオ「TY-CX700」(想定税別価格:1万1000円前後)、CDラジカセ「TY-CDV1前後」(同:6500円)、ポータブルCDプレーヤー「TY-P3」(同:7000円前後)の3機種を発表した。12月中旬から順次発売する。

左から「TY-CDV1」「TY-P3」「TY-CX700」
左から「TY-CDV1」「TY-P3」「TY-CX700」

 TY-CX700は、CDプレーヤー、SDカードスロット、AM/FMチューナー、USB端子を一体化したCDラジオ。内蔵マイクも備え、ワンタッチで自分の声をSD/USBに録音でき、発音チェックなどに使える。

 本体には、「再生スピードコントロール」、「レジューム再生」、「+10スキップ」、「A-Bリピート」、「ワンタッチサーチ」などの語学学習に有効な機能を搭載。2件までタイマー録音ができ、聞きたい番組の聞き忘れを防ぐ。サイズは高さ151mm×幅310mm×奥行き69mmで、重量約1.3kg。AC電源のほか、単3乾電池6本でも駆動可能だ。

「TY-CX700」
「TY-CX700」
SDカードスロットとUSB端子を備える
SDカードスロットとUSB端子を備える

 TY-P3は、Bluetoothを搭載し、対応するスピーカやイヤホンと組み合わせて使えるワイヤレスモデルだ。接続したBluetooth機器側からも一時停止や再生、ストップなどの操作ができ、ポータブルCDプレーヤーはカバンなどに入れたまま使える。

 スピードコントロール、レジューム再生、+10、A-Bリピートといった語学学習用の機能を搭載。音飛び防止のESP機能付きで、クリップ付きのリモコンを付属する。サイズは高さ26.5mm×幅142mm×奥行き155mmで、重量約200g。AC電源のほか単3乾電池2本でも駆動する。

「TY-P3」
「TY-P3」
語学学習に便利なボタンは本体サイドに配置している
語学学習に便利なボタンは本体サイドに配置している

 TY-CDV1は、カセットデッキとCDプレーヤーを縦位置に配置することでスリムボディを実現したCDラジカセ。奥行き8.8cmのスリムボディで、1.2W+1.2Wのスピーカを内蔵する。

 サイズは高さ182mm×幅398mm×奥行き116mmで、重量約1.6kg。AC電源のほか単2乾電池×6本でも使用できる。

「TY-CDV1」
「TY-CDV1」
カセットデッキ、CDプレーヤーを縦位置に配置することで、スリムボディに仕上げた
カセットデッキ、CDプレーヤーを縦位置に配置することで、スリムボディに仕上げた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]