logo

バトルロイヤルゲーム「PUBG」PS4版のサービスを開始--雪原の新マップを予告

佐藤和也 (編集部)2018年12月08日 07時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PUBGは12月7日、バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」(PUBG)について、PS4向けダウンロード版の販売を開始した。価格は3300円(税込)。なおパッケージ版については、2019年1月17日発売予定となっている。

 本作は、最大100人のプレーヤーがマップ内にある装備などを駆使し、最後の1人になるまで生き抜くバトルロイヤルゲーム。PCやXbox One、モバイルデバイス向けにも展開されており、全世界累計プレーヤー数は4億人を突破しているとうたう。国内での人気も高く、最後の1人まで生き残ったプレーヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されることから、プレーヤーは“ドン勝”を目指して戦う内容となっている。

 PS4版では、サービス開始から Erangel、Miramar、Sanhok のすべてのマップを実装。PS4 Pro向けに強化されており、グラフィックやパフォーマンスが向上しているという。PS4版でログインしたプレーヤー全員に、PS4版限定アイテム「PS4 ピクセルアート パラシュートスキン」をプレゼントする。

 なお、米国で開催された「THE GAME AWARDS 2018」のなかで、PC版、モバイル版、PS4版、Xbox版の各プラットフォームにおいて、雪原の新マップ「Vikendi」を実装すると発表。雪原をイメージした6km×6kmの中規模サイズのマップで、Sanhokのスピーディな勢いと、Erangelの緊張感を組み合わせたような内容としている。マップ限定アイテムとして、新アイテムの「G36C ライフル」や新車両「スノーモービル」も実装予定という。

(C)2018 PUBG CORP. ALL RIGHTS RESERVED. PLAYERUNKNOWN'S
BATTLEGROUNDS AND PUBG ARE REGISTERED TRADEMARKS,
TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF PUBG.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]