logo

ウォルマート、店舗の床磨き用に自律走行ロボットを導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walmartは、自律走行して自動的に床磨きするロボット360台を、2019年1月末までに各地の店舗へ導入する。同ロボットに搭載されているOS「BrainOS」の開発会社であるBrainが発表したもの。

Walmartの店舗で働くBrainOS搭載ロボット(出典:Brain)
Walmartの店舗で働くBrainOS搭載ロボット(出典:Brain)

 BrainOSは、自律走行やデータ収集といった機能を備えるソフトウェアプラットフォーム。同OSを搭載したWalmartの床磨きロボットは、最初に人間が乗って清掃エリアを覚えさせると、その後は無人で床を掃除する。周囲の人間や障害物を検知するセンサを備えており、衝突することなく自動運転可能という。

 Walmartは、以前から100台超のBrainOS搭載ロボットを運用し、米国各地の店舗で清掃作業に使っていた。

 なお、Brainはカリフォルニア州サンディエゴに拠点を置く、自律ナビゲーションシシステム向けソフトウェアなどの開発企業。ソフトバンクの投資ファンドであるSoftBank Vision Fund(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)と、Qualcomm Venturesから出資を受けている。

BrainOS搭載ロボットの紹介ビデオ(出典:Brain/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]