logo

アップル、「iOS 12.1.1」をリリース--複数の機能改善やバグ修正

Jason Cipriani (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年12月06日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間12月5日、「iPhone」「iPad」「iPod touch」ユーザーを対象に「iOS 12.1.1」をリリースした。このアップデートには、一連のバグ修正や機能改善が含まれ、ホーム画面より「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」の順にタップするなどの方法でダウンロードできる。

 「iOS 12」では、「FaceTime」アプリで通話中に背面カメラと前面カメラを切り替えるボタンの位置が変わり、ユーザーを悩ませていた。iOS 12.1.1では、カメラを切り替えるためのボタンがFaceTimeアプリのメイン画面に戻る。

 その他の改善点としては、「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」でeSIMを使ったデュアルSIMに対応した通信事業者の追加や、iPhone XRにおける触覚タッチを使った通知のプレビューなどがあり、バグも修正された。

 iOS 12.1.1がリリースされたので、「watchOS 5.1.2」のリリースもそれほど遠くないと期待したい。「Apple Watch」に対するこのアップデートにより、Appleが米国で2018年中に提供予定だとしている心電図(ECG)アプリ「Apple Watch Series 4」にが追加され、Apple Watchの旧型モデルには不整脈通知が追加されると期待されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]