logo

本の内容を手話で伝える「StorySign」アプリ、ファーウェイが提供

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月04日 10時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 文字を読む能力を身につけるのは、どのような子供にとっても長い時間のかかる複雑なプロセスだ。しかし、世界中の耳の不自由な子供たちは、一層の努力をしなければならない。こうした子らは、ほとんどの学童が頼りにする音声ベースの教材を利用できず、教師や親が繰り返し話す言葉を聞き取ることもできない状況で、本に書かれた文字を解釈する方法を学ぶ必要がある。

 中国のスマートフォンメーカー、華為(ファーウェイ)は無料アプリ「StorySign」によって、この問題を解決できると考えている。StorySignは人工知能(AI)を活用し、子供が本を読んでいるときに文字とともに手話を表示する。

StorySign
Starというキャラクターが物語を手話で伝えてくれる
提供:Huawei

 アプリを開いてページの上にかざすと、Aardman Animations(「ウォレスとグルミット」を制作したアニメ工房)によって作り出されたStarというキャラクターが文字を認識して、該当箇所を強調表示しながら手話で子供に伝える。このアプリの狙いは、耳の不自由な子供の学習体験を強化し、子供と保護者が一緒に本を読めるようにすることだ。現状では、こうした子らが利用できる読書教材は不足している。

 ファーウェイは現地時間12月3日、欧州の10カ国でこのアプリをリリースした。ローンチ時点では、対応する各国の手話につき1作品しかサポートしておらず、「Android」スマートフォンでしか動作しない。同社はPenguin Random Houseとの提携により、対応作品を拡大していく予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]