logo

東急不動産、分譲マンション「ブランズ」をスマートホーム化--コンシェルジュサービスも導入

加納恵 (編集部)2018年12月03日 16時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東急不動産とパナソニック ホームズは11月30日、マンション向けIoTサービス「rimoco(リモコ)」を搭載した分譲マンション「ブランズ中野富士見町パークナード」の販売を開始した。IoTに特化したコンシェルジュサービスもあわせて提供する。

 ブランズ中野富士見町パークナードは、エアコン、床暖房、給湯設備、照明、玄関錠などをスマートフォンなどで管理できるスマートホームサービスrimocoを全戸に搭載。rimocoに連動して音声操作できる機能を付帯したスマートスピーカーを、マンション契約者に無償で配布する。

 IoT機器の導入については、「設定の仕方が分からない」「設定したが稼動しない」といった声を想定し、スマートスピーカーの設定やrimocoを通じた対象設備との作動連携など、暮らしの中で生じるIoTサービスの困りごとに対応するコンシェルジュサービスを導入。設置時の手間や設置後の対応について課題を払拭する。

 今回のコンシェルジュサービスをブランズに導入するのは初めて。引渡し以降の初回訪問対応と1年間の電話サポートを無償で提供する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]