logo

12月1日は世界エイズデー--Apple Storeが恒例の赤いロゴに

坂本純子 (編集部)2018年12月01日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月1日は世界エイズデーだ。エイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもの。アップルは毎年、認知拡大を目的としてApple Storeのロゴを赤く染めている。

アップルは毎年、認知拡大を目的としてApple Storeのロゴを赤く染めている。写真はApple 新宿
アップルは毎年、認知拡大を目的としてApple Storeのロゴを赤く染めている。写真はApple 新宿

 Appleでは年間を通して売上げの一部が寄付される(RED)製品を販売しており、製品を購入すると、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に直接寄付される。さらに12月1日から7日までApple StoreとApple.com、Apple Store AppにてApple Payで支払うと、支払い1回につき1ドル(USドル)を(RED)に寄付する。

 また、世界エイズデーに合わせ、Appleが2012年から(RED)パートナー企業として支援を続けているHIV治療サービスを提供する施設で、HIV陽性の介護者がアフリカのエイズ撲滅を目指して奮闘するストーリーを公開している。

ストアのスタッフのシャツもレッドに変わっている
ストアのスタッフのシャツもレッドに変わっている

 Appleは12年間にわたり、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)を支援するために設立された(RED)と連携してきた。

 この基金を通じてカウンセリングや検査、母親から胎児へのHIVの感染を防ぐ医薬品を届けることで、アフリカのエイズ対策プログラムが支援される。

 Appleの(RED)製品の売上から生み出された資金は、これまでに2億ドル(約227億円)以上にのぼるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]