logo

JDI、高精細VR HMDを開発--高画質VR映像視聴に特化

加納恵 (編集部)2018年11月27日 19時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャパンディスプレイは11月27日、VR専用に開発した液晶パネルを搭載した高精細VRヘッドマウントディスプレイ「VRM-100」を開発したと発表した。予約開始日は12月3日。製品は12月中旬以降発送する予定だ。

「VRM-100」
「VRM-100」

 VRM-100は、2880×RGB ×1600(615ppi)の解像度を持つ、VR専用高精細液晶ディスプレイを搭載。リフレッシュレートは80Hz(60Hz) の自動切り替えで、ステレオサウンド出力端子を備える。ゲーム用途でない高画質VRコンテンツを体験するにもハイエンド製品を購入する必要があるという課題を解決するため、ディスプレイ品質に特化したVRHMDとして開発した。

 高精細液晶パネルとジャイロセンサーを搭載したVRモニターユニットを付属VRゴーグルに取り付けることで、高精細のVR映像を見ることが可能。付属VRゴーグルは分離ができ、清掃がしやすいとしている。

 ジャパンディスプレイは、VR専用液晶ディスプレイの開発、製造、販売のみを行ってきたが、VRHMDにも事業領域を広げ、VR市場の普及拡大に貢献していくとしている。サイズは175mm×98mm×116mmで、重量336g。当面は、日本国内企業の開発者向け限定で販売する計画だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]