logo

共立製薬と日本IBM、動物病院向け医療プラットフォーム--飼い主と病院の連携アプリも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 共立製薬は11月27日、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)と共同で、動物病院向けの電子カルテやペットペアレント(飼い主)と動物病院をつなぐ連携アプリなどを提供する動物医療プラットフォーム「VRAINERS(ブレイナーズ)」の開発を開始したと発表した。2019年3月の提供開始を目指す。

 近年、ペットは家族の一員との認識が一般化し、健康の意識がさらに高まり、予防医療や早期治療へと関心が向けられているという。また、ペットの寿命が延びるなかで、その命が生き生きと輝く健康寿命をより長く保つことは社会のニーズでもある。

 それを受け、ペットの定期健康診断の必要性をペットペアレントに伝えたり、病状が重症化する前に動物病院への来院を促したりする、新たなプラットフォームを開発することになった。

 今回開発を進めている「VRAINERS」では、同社の60年にわたる動物用医薬品事業で培った知見に、多くの獣医師からのアドバイスを反映。さらに、既に多くの医療機関で活用されている日本IBMの電子カルテ・システムのノウハウが生かし、ペットペアレントと獣医療業界のニーズに適ったものになるという。

 これまでの多くの動物病院向けのシステムは、主として病院内で使う電子カルテで、外部と接続することはなかったが、「VRAINERS」では電子カルテのデータをIBM Cloudで統合的に管理。それぞれの動物病院やペットペアレントから許可を得た範囲でデータを分析して動物病院の経営をサポートする機能などを備える。同社によると、ペットペアレントと動物病院のコミュニケーションを促進するカルテ連携アプリを付加した次世代型の動物医療プラットフォームになるという。

 なお、ペットペアレントと動物病院を繋ぐ連携アプリ「myVRAINERS(マイブレイナーズ)」では、これまで受付窓口で行っていた用紙の受け渡しなどを極力なくし、受診予約や健診結果、ワクチン接種証明などをスマートフォンやタブレット端末から行うことが可能。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]