logo

アップル、キーボード表面がタッチパッドになるタブレット用カバー--特許出願

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブレットの性能が向上し、多くの作業をPCなしで済ませられるようになってきた。キーボード付きカバーを組み合わせれば、文章も入力しやすい。ただしその際、メニュー操作などで画面タッチの必要が生ずると、腕を上げて手を画面まで動かすことになり、ポインティングデバイス付きノートPCなどに比べ体への負担はかえって高い。

 これに対し、Appleはタッチパッドとして機能するキーボードの付いたタブレット用カバー向け技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間11月15日に「COVER FOR ELECTRONIC DEVICE」(公開特許番号「US 2018/0329453 A1」)として公開された。出願日は2018年5月14日。

公開されたAppleの特許(出典:USPTO)
公開されたAppleの特許(出典:USPTO)

 この特許は、電子デバイス用の保護カバーに対して、キーボートとタッチパッドの両機能を付与する技術を説明したもの。電子デバイスとしては、タブレットを想定している。

タブレット用の折りたたみ式カバーを想定(出典:USPTO)
タブレット用の折りたたみ式カバーを想定(出典:USPTO)

 カバーは折りたたみ式になっていて、使わないときはデバイスを保護できる。デバイスに接続されるキーボードも備えている。さらに、キーボードは指の接触や接近を検知することが可能な構造をとる。これにより、キーボード上でスワイプやピンチといった操作が可能になる。

 キーボードにタッチパッドを兼ねさせれば、タッチパッドを別に用意する必要がなく、カバーのサイズを大きくしないで済む。

キーボードがタッチパッドとしても機能する(出典:USPTO)
キーボードがタッチパッドとしても機能する(出典:USPTO)

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]