logo

男性の発言ばかり書くと警告--英紙Financial Timesが多様性ボットを導入

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月20日 12時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれが読む記事の多様性を高める手助けを、ボットがしてくれるかもしれない。

 Financial Times(FT)は、ジャーナリストが記事内で男性の発言ばかり引用していると警告を出すボット「She Said He Said」を導入した。

 「編集者や記者は、記事内での男女比にこれまで以上に気を配るようになっている」「結果的に、編集者はFTの記事で取り上げる女性の意見の数を増やそうと努めている」とFTの広報担当者は電子メールで述べた。

 FTは、金融やテクノロジといった、多くの男性中心の業界を取り上げている。The Guardianによると、FTの記事で引用に用いられた情報源のうち、女性はわずか21%だったことが社内で判明した。このボットは代名詞とファーストネームを解析し、情報源の性別を判断するという。執筆中の記事で引用に使われる女性の数が十分でないと、警告が出るようになっている。

 次の段階として、FTはこの試みと関連した構想を計画しているようだ。

 「当社は、記者や編集者が記事を執筆し始める前に、記事内で引用する情報源の範囲を多様化させるために最大限の努力をするよう促すプロンプトを当社のコンテンツ管理システム(CMS)に統合する案を検証している」と、同社の広報担当者は述べている。

Financial Times
Financial Timesを読む航空会社Ryanairの最高経営責任者(CEO)のMichael O'Leary氏。
同紙は読者が女性からの情報提供をもっと必要としていると述べている。
提供:Horacio Villalobos/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]