logo

ウォルマート、アップルを抜き米国3位のEコマース企業へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年11月19日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米小売大手WalmartによるEコマースへの大きな賭けが結実し始めているようだ。同社がAppleを抜いて米国で第3位のオンライン小売業者になるとの見通しを、eMarketerが発表した。

 eMarketerは最近、Walmartに関する2018年の予測を引き上げたという。Walmartのデータには、同社が運営する会員制スーパーであるSam’s Clubと、Walmart傘下のJet.comの数字も含まれる。

 ただし、WalmartはEコマース分野でまだAmazonに大きな差を付けられている。eMarketerによると、Walmartは2018年、米国におけるオンライン小売支出全体の4%(209億1000万ドルに相当)を獲得する見通しだという。これに対し、Amazonは48%を占める見込みだ。


 WalmartのEコマースの成長率は39.4%となる見込みで、Wayfairの40.1%にわずかに及ばない。AppleのEコマースの成長率はスマートフォンの飽和による打撃を受けたが、成長率は18%とされている。

 米国の小売全体に占めるオンライン売上高でみると、Amazonは4.7%を占める見込みだ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]