logo

SHOWROOM、スマホ1台でバーチャルキャラクターになれるアプリ「SHOWROOM V」

佐藤和也 (編集部)2018年11月13日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想ライブ空間「SHOWROOM」を運営するSHOWROOMは11月13日、スマートフォン1台でバーチャルキャラクターになりきり、ライブ配信ができるiPhone向けアプリ「SHOWROOM V」の配信を開始した。対応OSはiOS11 以上(iPhone6s、iPhone SE以降)で、価格は無料。

 このアプリは、スマートフォン1台で誰でも手軽にバーチャルキャラクターになることができ、配信ボタン1つで「SHOWROOM」と連動し配信ができるサービス。複雑な機材を要する配信や、顔を出すことに抵抗があり配信に踏み込めなかったユーザーも手軽に配信を楽しむことができるという。

  • 「SHOWROOM V」イメージ

  • 「SHOWROOM V」イメージ

  • アバター「VJ-TAKAGI」イメージ

 アバターは全10種類用意され、自由に配信で使うことが可能。お笑い芸人のジョイマン高木さんのアバター「VJ-TAKAGI」(バーチャルジョイマンタカギ)もアプリに搭載しているという。アバターは、今後も種類を増やしていく予定。

 なおアバターについては、オープンな3DフォーマットであるVRMで実装。既存のVRM形式アバターをそのままSHOWROOM Vを通してSHOWROOMの配信に使うことも可能としている。リリース時は、一部公式配信者のみが対象としている。今後は、バーチャルキャラクター事業を扱うさまざまな企業とも連携を進めていく予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]