logo

パナソニック、Ultra HD ブルーレイプレーヤーのフラッグシップ機--HDR両規格に対応

加納恵 (編集部)2018年11月13日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは11月13日、Ultra HD ブルーレイ再生対応BDプレーヤー「DP-UB9000」(Japan Limited)を発表した。最新の画質処理エンジンを搭載した新開発LSI採用のフラッグシップモデルになる。発売は12月7日。市場想定価格は21万円前後。

「DP-UB9000」
「DP-UB9000」

 DP-UB9000は、新開発LSIの採用により、映像信号の処理能力が飛躍的に向上。国内で初めて最新のHDR規格である「HDR10+」「Dolby Vision」の両方に対応し、従来のSDRに比べてより広い明るさの幅を表現し、自然でリアルな描写を実現する。

 独自の高精度「HDRトーンマップ」技術により、ディスプレイが表現しきれないHDR映像の高輝度部の色や階調を、独自の処理で映像作品ごとに自動的に最適化。ディスプレイに左右されず、より安定したHDR映像が再現できるとのこと。液晶テレビや有機ELテレビに加えてプロジェクタに最適化したモードも備える。

 新開発の「システムガンマ調整」や独自の「HDR明るさ調整」も備え、コントラストを調整しながら、HDR映像の明るさ調整の処理制度を向上。高精度な調整も可能だ。

 本体には、Technicsで培った技術を基に、新開発の高剛性&低重心筐体とドライブベース、オーディオ専用電源、オーディオ専用基板及び高級オーディオ用D/Aコンバータを採用。振動とノイズを徹底して低減したとのこと。さらに、Technics技術陣と共同で音質チューンを行う「Tuned by Technics」により、ピュアな音楽再生を実現した。

リアパネル
リアパネル

 NETFLIX、Amazonプライム・ビデオ、dTV、ベルリン・フィル「デジタル・コンサートホール」、YouTubeの4K/HDRインターネット動画の再生に対応。独自の「4Kリアルクロマプロセッサplus」で処理することで、美しい映像を再現できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]