logo

SIE、PS VR専用「Deracine」を発売--古典的アドベンチャーゲームを最新VR技術で表現

佐藤和也 (編集部)2018年11月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Deracine」スクリーンショット
Scroll Right Scroll Left

「Deracine」スクリーンショット

(C)2018 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by FromSoftware, Inc.

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation VR(PS VR)専用ソフト「Deracine」(デラシネ)を11月8日に発売した。価格はBlu-ray Disc版となる通常版が3000円(税別)、限定版「Deracine Collector's Edition」が4000円(税別)、ダウンロード版が3240円(税込)。なお、プレイにはPlayStation Move モーションコントローラ2本が必要。

 本作は、古典的アドベンチャーゲームを最新のVR技術で描くというコンセプトのもとで開発されたタイトル。SIE ワールドワイド・スタジオJAPANスタジオとフロム・ソフトウェアという、PS4用ソフト「Bloodborne」と同じ体制で開発した完全新作のVRアドベンチャーゲームとなっている。

 プレーヤーは「止まった時の世界」に住む妖精として、少年少女6人と年老いた校長先生が暮らす、人里離れた古い寄宿学校に出現。別の時間に生きているため、人間は妖精を見ることができない。誰からも見えない存在であるプレーヤーは、止まった時に干渉し、異なる時に移動しながら間接的に子どもたちと関わり、物語を紡いでいく。

 発売にあわせて本作の世界感を盛り込んだロンチトレーラーも公開。またヨドバシカメラマルチメディアAkiba店をはじめとして、店頭体験会を開催中。体験したユーザーにはゲーム中のアイテムをモチーフにした「ノートブック」と「ポストカード」をプレゼントしている。詳細はPlayStation.Blog内の10月25日付エントリーにて記載されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]