logo

ドコモ、“窓に貼れる基地局”の開発に成功--AGCと提携

藤井涼 (編集部)2018年11月07日 11時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月7日、AGCと提携し、景観を損ねずに窓ガラスの室内側から貼り付けられる、世界初(同社調べ)の電波送受信が可能なガラスアンテナを共同開発したと発表した。このガラスアンテナを活用して、2019年上期から携帯電話のサービスエリア拡充を図るという。

ドコモがAGCと共同開発したガラスアンテナ
ドコモがAGCと共同開発したガラスアンテナ

 同社によれば、建物内へのアンテナ設置において、室内の意匠性を損ねる、電波が窓ガラスを通過する際に減衰するといった課題があり、これを解決するために、AGCが保有する既存窓の表面にガラスを貼り付けるアトッチ工法を活用し、室内の窓面に設置可能な新たなアンテナの開発を進めてきたという。

 今回開発したガラスアンテナは、透明・透視性のある導電材料とガラスを組み合わせており、透明であるというガラスの特徴により目立ちにくく、景観や室内デザインを損なわない新たに開発したGlass Interface Layer(グラス インターフェイス レイヤー)の効果により、窓ガラスを通過した際の電波の減衰・反射を抑えるという特長を持っているという。

キャプション

 両社は2019年上期より、現在主流であるLTEの周波数帯の基地局にガラスアンテナを展開していく予定。さらに、5Gに対応したガラスアンテナの開発も検討していくとしている。

 なお、同日11時より記者会見が開かれている。詳細は追ってお伝えする。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]