logo
Indiegogo

STEM教育に最適なオープンソースのネコ型ロボット「Nybble」--子どもにも大人にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子どもだけでなく、大人も楽しめそうな科学・技術・工学・数学(STEM)教育用の教材として使えるDIYロボットを見つけたので紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中のネコ型ロボット「Nybble」だ。

STEM教育用のネコ型ロボット(出典:Indiegogo)
STEM教育用のネコ型ロボット(出典:Indiegogo)

 Nybbleは、大きさ250×140×107mm、重さ350gの組み立て式ロボット。組み立てといっても面倒な作業は不要で、パズルのように組み合わせていけば完成する。「Arduino」と互換性のあるコントローラ「NyBoard V0」の制御により、猫のように歩かせたりできる。

パズルのように組み合わせて作る(出典:Indiegogo)
パズルのように組み合わせて作る(出典:Indiegogo)

 コントローラには、「Arduino Uno」同等品の「ATmega328P」、プログラム保存用のROMなどが実装されている。さらに、超小型ワンボードコンピュータ「Raspberry Pi」を搭載すると、距離センサやLEDなどを使ったより高度な動きのプログラミングも可能だ。

何とも猫らしい動き(出典:Indiegogo、Nybble公式Twitterアカウント)
何とも猫らしい動き(出典:Indiegogo、Nybble公式Twitterアカウント)

 オープンソースであるため、カスタマイズもしやすい。オープンソースプロジェクト「OpenCat」のコミュニティで、ほかのNybbleユーザーとプログラムやオプションパーツなどに関する情報交換も楽しめる。

子どもだけでなく、大人も楽しめそう(出典:Indiegogo)
子どもだけでなく、大人も楽しめそう(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は5万ドル(約567万円)。記事執筆時点(日本時間11月8日11時)でキャンペーン期間は14日残っているが、すでに目標を上回る約9万4400ドル(約1070万円)の資金を集めている。

Nybbleの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]