logo

Mac向け外付けGPU「Blackmagic eGPU Pro」が登場--「Radeon RX Vega 56」採用

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年11月01日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BlackmagicはAppleのMac向けグラフィックアクセラレータの新機種「Blackmagic eGPU Pro」を発表した。グラフィックプロセッサにAMDの「Radeon RX Vega 56」を採用している。

 対応機種は先日発表されたばかりの新型「MacBook Air」など、Thunderbolt 3を搭載したモデル。Blackmagicによると「MacBook Pro」の13インチモデル単体と比べて、22倍のグラフィックス性能を誇るという。

 eGPU Proは卓上設置を前提とした縦に長いデザインで、Appleと共同で開発された。筐体は、アルミニウムを押し出して形成されている。「独自の吸排気用グリルで対流冷却を行い、効率的に放熱する」とされ、見た目は小さな煙突のようでもある。

Blackmagic eGPU Pro
Blackmagic eGPU Pro
提供:Blackmagic

 eGPU Proは「DaVinci Resolve」のようなプロ向けのクリエイティブソフトウェアのほか、3Dゲームや仮想現実(VR)のためのアクセラレータとして設計されている。

 Blackmagic eGPU Proの主な特徴は以下の通り。

  • GPUはAMDのRadeon RX Vega 56
  • Thunderbolt 3ポート×2
  • 5Kディスプレイ対応DisplayPort
  • HDMI 2.0ポート
  • 85Wの電力供給
  • USB 3.1ポート×4

 価格は1199ドル(日本では税別14万9000円)で、Appleのオンラインストアで11月下旬に発売予定。

提供:Blackmagic
提供:Blackmagic

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]