logo

センシンロボティクス、鉄塔点検パッケージを提供--ドローンで作業を全自動化

西中悠基 (編集部)2018年10月31日 18時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センシンロボティクスは10月31日、ドローンによる鉄塔点検パッケージ「TOWER CHECK(タワーチェック)」のベータ版を提供開始したと発表した。

 TOWER CHECKは、ドローンによる鉄塔の撮影とさびや腐食の自動検知、レポート作成ができるパッケージソリューション。従来のドローンによる点検では、飛行ルートの設定に10数項目のパラメータ入力が必要だったが、TOWER CHECKでは2ステップの入力のみで自動飛行・撮影が可能となる。

TOWER CHECKイメージ
TOWER CHECKイメージ

 飛行後は撮影した画像を解析し、さびや腐食の発生箇所を検知する。ボルトのゆるみなどの異常も、生成した3Dモデルにより確認でき、作業員が登って目視した場合と同等の点検ができる。また、これらの注意・異常箇所はクラウド上で管理し、レポートも自動で作成する。ドローンの自動航行から画像認識・解析、レポート作成の流れを通して自動化するサービスは、日本初だとする。

サービス利用フロー
サービス利用フロー

 TOWER CHECKでは、システム計画研究所/ISPが開発した画像解析エンジンを採用。精度の高いさび・腐食の検出を可能とする。ISPの技術の導入により、通常は大量の学習データが必要なディープラーニングの手法を少ないデータで実現。データの蓄積が少ない段階においても、異常検知の性能向上ができるという。

 従来の鉄塔点検では、作業員が鉄塔に登って目視で点検しており、作業工数の多さや人件費が負担となっていた。また、点検には熟練した作業員が不可欠であったほか、安全面での問題もあった。TOWER CHECKの導入により、コストや作業効率、安全性の課題を解決できるほか、若手人材による点検を可能とすることで、労働人口の縮小にともなう熟練作業員の減少にも対応する。

 センシンロボティクスは、TOWER CHECKの本格展開を目指し、ベータ版の実証実験及びトライアル導入を推進するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]