logo

ソニー、24~720mmの高倍率ズームを搭載した「サイバーショット」3機種

加納恵 (編集部)2018年10月26日 17時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、デジタルカメラ「サイバーショット」シリーズに、24~720mmの高倍率ズームレンズを搭載した「DSC-HX99/WX800/WX700」(想定税別価格:6万円前後/5万円前後/4万8000円前後)を追加した。画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画の本体内記録に対応する。発売は11月9日。

「DSC-HX99」
「DSC-HX99」

 高さ58.1mm×幅101.6(HX99は102.0)mm×奥行き35.5mmで、重量約233(HX99は242)gのコンパクトボディに、広角24mmから超望遠720mmまで幅広い領域をカバーする「ZEISS Vario-Sonnar (バリオ・ゾナー)T*」の高倍率ズームレンズを搭載。高倍率ズーム時に起こりやすい手ブレも高精度に検出して補正するほか、望遠時に動く被写体をフレーミングしてすばやく見つけ出せるズームアシスト機能を備える。

 画素加算のない全画素読み出しによる高解像4K動画に加え、HD映像で120fpsのハイスピード撮影にも対応。「ファストインテリジェントAF」により、約0.09秒の高速AFも実現する。瞳AF機能にも対応し、ピント合わせが難しい状況でも瞬時に瞳を検出しピントを合わせられる。

 HX99は、サイバーショットの高倍率ズームモデルの最上位機。RAW形式での記録とタッチパッド、タッチフォーカス、タッチシャッターにも対応した。WX800/WX700は、180度チルト液晶、タッチフォーカス、タッチシャッターのほか内蔵フラッシュを備える。

「DSC-WX800/WX700」
「DSC-WX800/WX700」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]