logo

ブロックチェーン利用の“目的化”は危険--EAJが語る「不動産取引の24時間365日化」 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EAJは「24時間365日体制での不動産取引実現」を目標に掲げているが、それを阻む壁もある。例えば決済は、深夜帯でもリアルタイムに実行できるのが理想だ。となると、仮想通貨を想起しがちだが、この状況も変わった。少なくとも日本国内では10月9日に、銀行間口座送金の24時間化が完了。送金手数料の論点はともかく、即時性だけを鑑みれば仮想通貨を使うまでもない。

 逆に法務省窓口での登記申請は、17時15分で当日受付が終了してしまう。取引で現金のやりとりが実際にあっても、登記手続きが間に合わずに書類上の名義移転が翌日扱いになれば、その点がリスクになってしまう。

 このように、状況は刻々と変化している。「取引には色々なかたちでタイムラグがある。その上で、これらをカバーできるシステムを作らなければならない」(成宮氏)

不動産取引の24時間365日化に向けては、考慮すべきポイントが沢山ある
不動産取引の24時間365日化に向けては、考慮すべきポイントが沢山ある

今ある技術で不動産取引の24時間365日化を実現

 不動産取引の24時間365日化は、一朝一夕に実現できるものではない。ただし、この領域でEAJは最初の1歩を踏み出している。それが「H'OURS(アワーズ)」というサービスだ。

「H'OURS(アワーズ)」の概要
「H'OURS(アワーズ)」の概要

 不動産取引は通常、その権利移転の当日に、売り主・買い主・仲介業者・司法書士らが銀行などへ集合し、本人確認・伝票記入・融資実行・鍵の引き渡しなどを立ち会いのもとで行う。この手続きには、長ければ2〜3時間程度かかり、かつ法務局への登記申請を当日中に済ませようとすると、関係者が多いためスケジュール調整だけで大変な労力がかかってしまう。

 H'OURSでは、これらの業務をEAJが介在することで軽減。特に、当日立ち会いを不要としている点が特徴という。これであれば、売り主が会社員の場合、平日の立ち会いのために有給を取らなくてすむ。また不動産会社の従業員にとっても、リゾート物件の取引のためにわざわざ出張する必要もなくなる。

取引立ち会いの手間を大幅に軽減してくれる
取引立ち会いの手間を大幅に軽減してくれる

 そしてH'OURSはブロックチェーンに頼ることなく、信託口座やトランザクションシステム(CLOUDサービス)など既存の機能と、EAJ独自のサービスである不動産取引保証の組み合わせで実現したサービスだ。未来の新技術に期待しつつも、目の前にある課題を1日でも早く解決することが、まずは重要という発想だろう。

 「ブロックチェーンは大きな可能性を秘めた技術ではある。お客様が困り事を解決する手段としてブロックチェーンが機能するならば、是非使っていきたい」と成宮氏は述べ、そのためにも様々なパートナーと手を組んでいきたいとの方針を示した。

具体的な導入メリット。ブロックチェーンがなくても、これぐらいのことはできる……という訳だ
具体的な導入メリット。ブロックチェーンがなくても、これぐらいのことはできる……という訳だ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]