logo

フリーダムアーキテクツ、リノベーション事業に「VRアーキテクツシステム」を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリーダムアーキテクツデザインは10月25日、「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業「REDESIGN(リデザイン)」に導入したと発表した。

「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業
「VRアーキテクツシステム」を、中古マンションのフルリノベーション事業

 VRアーキテクツシステムは、Autodeskが提供するBIMソフトウェア「REVIT」で、住宅の完成イメージを3次元の立体モデルで作成し、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」と連携させることで、図面の中を自由に歩く体験が可能になるというもの。

 平面図ではわかりづらい、室内の奥行感や天井高をリアルに確認ができ、家具やインテリアもモデル内で具体的に再現するため、家具の配置や壁材と空間のマッチングなども、モデル内で確認することができる。

 フリーダムアーキテクツデザインは、本システムを2017年2月より戸建ての注文住宅の設計に限り運用していたが、10月より、中古マンションのフルリノベーション事業にも展開した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]