logo

デノン、2つのダイナミックドライバを搭載したワイヤレスイヤホン--量感と超低域再生を実現

加納恵 (編集部)2018年10月26日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは10月26日、デノンブランドからワイヤレスイヤホン「AH-C820W」を発表した。2つの11.5mmダイナミック型ドライバを向かい合わせに配置した「11.5mmダブル・エアーコンプレッション・ドライバー」を採用する。発売は12月中旬。

「AH-C820W」
「AH-C820W」

 AH-C820Wは、ダブル・エアーコンプレッション・ドライバーにより、 2倍の振動板面積を確保。これにより量感と超低域までの鮮明な低音再生を実現する。ドライバの前後の音圧バランスを調整し、振動板のピストンモーションを最適化するアコースティック・オプティマイザは、2つのドライバの動作を最適化。ドライバーそれぞれに専用のケーブルをダイレクトに接続することで、純度の高いサウンドを再生するとしている。

 オーディオコーデックは、SBC、AAC、aptX、aptX Low Latencyに対応。バッテリ残量なしの状態から約2時間で満充電ができ、約10時間の音楽再生が可能。内蔵マイクでのハンズフリー通話ができるほか、バイブレータ機能も装備。周囲の騒音や風切り音を抑えてクリアな音声での通話を実現する。

「11.5mmダブル・エアーコンプレッション・ドライバー」構造
「11.5mmダブル・エアーコンプレッション・ドライバー」構造
付属品
付属品
 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]