logo

セガ、コナミ、バンナムが仕様統一したアミューズメントICカードの運用を開始

佐藤和也 (編集部)2018年10月25日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガ・インタラクティブ、コナミアミューズメント、バンダイナムコアミューズメント3社は10月25日、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一を実施。同日から「アミューズメントICカード」対応のサービス運用を開始するとともに、各社でアミューズメントICカード対応カードを発売する。

 アミューズメントICカードは、アミューズメント施設でネットワークゲームを継続的に遊ぶことのできるユーザー認証カード。セガ・インタラクティブでは「Aime」、コナミアミューズメントでは「e-amusement pass」、バンダイナムコアミューズメントでは「バナパスポート」を、これまで各社独自の仕様で展開していた。

 2月に3社は、アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に合意したと発表。この仕様統一によって、各社のアミューズメントICカードで対応機種での使用および、それに付随するサービスが利用可能となった。各社の対応カードには「アミューズメントIC」の共通マークを新たに表記しているという。

  • セガ・インタラクティブの「アミューズメントICカード対応Aimeカード」

  • コナミアミューズメントの「アミューズメントICカード対応e-amusement pass」

  • バンダイナムコアミューズメントの「アミューズメントICカード対応バナパスポートカード」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]