logo
Indiegogo

Nintendo Switchを“VRゴーグル“化する「NS Glasses」--Switchを3Dにスイッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)ゲームをプレイすると没入感が高まり、ゲームの世界に入り込める。「Oculus Rift」「PlayStation VR」といった本格的なVRゴーグルだけでなく、スマートフォンを流用する「Google Cardboard」などシンプルなものでも十分楽しい。

 そこで今回は、任天堂の「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)をセットして使うVRゴーグル「NS Glasses」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

Nintendo Switchをセットして使うVRゴーグル(出典:NS Glasses公式Facebookページ)
Nintendo Switchをセットして使うVRゴーグル(出典:NS Glasses公式Facebookページ)

 NS GlassesはNintendo Switch本体を取り付けられるようになっており、Google CardboardのNintendo Switch版といった位置付けの簡易型VRゴーグル。20m先に600インチの画面があるように見えて、さまざまなNintendo Switch用ゲームが大画面でプレイできる。

Nintendo Switch本体を取り付ける(出典:Indiegogo)
Nintendo Switch本体を取り付ける(出典:Indiegogo)

 さらに、特殊なレンズを使っていて、Nintendo Switch用ゲームを擬似的に3D化できるそうだ。開発チームは、「Nintendo SwitchはVR非対応だが、NS GlassesでSwitchを3Dにスイッチする」としている。

 Nintendo Switch本体のボタン、コネクタ、冷却用およびスピーカ用の開口部などをふさがないデザインなので、各種操作に支障がない。コントローラ「Joy-Con」も通常通り左右のレールに装着可能。

各種操作に支障がないデザイン(出典:Indiegogo)
各種操作に支障がないデザイン(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は1万ドル(約113万円)。記事執筆時点(日本時間10月23日10時30分)でキャンペーン期間は13日残っているが、すでに目標を上回る約1万6000ドル(約180万円)の資金を集めている。

NS Glassesの紹介ビデオ(出典:YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]