CEATEC JAPAN 2018で見つけた気になるもの--最新そしておなじみの「ロボット編」 - 5/11

加納恵 (編集部)2018年10月17日 12時44分
 富士通ブースでは「ロボピン」が「東京音頭」を披露。従来、ロボットのアクションデータ作成にはプログラミングが必要だったが、今回は、人の動きから振付データを生成した「ロボピン振付ツール」を採用。人の動きを自動的にデータ化し、ロボットの滑らかな動作を実現していた。
Scroll Right Scroll Left

 富士通ブースでは「ロボピン」が「東京音頭」を披露。従来、ロボットのアクションデータ作成にはプログラミングが必要だったが、今回は、人の動きから振付データを生成した「ロボピン振付ツール」を採用。人の動きを自動的にデータ化し、ロボットの滑らかな動作を実現していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]