logo

ヤマトHD、自律運航する輸送機を2020年代半ばまでに実用化--ベルヘリコプターと開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米テキストロン傘下のベルヘリコプターとヤマトホールディングスは10月12日、将来の新たな空の輸送モード構築に向け、基本合意書を締結したと発表した。

キャプション

 ベルヘリコプターは、ポッド(外装式輸送容器)を搭載するAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)の設計、開発、製造を主導。ヤマトホールディングスは、これまで培ってきた幅広い物流業務におけるノウハウを生かしたポッドを開発する。

 両社によると、これまで培った空と陸のノウハウを融合させ、空における新たな輸送モードによって優れた顧客体験を創出。eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域においてグローバルリーダーを目指すという。2020年代半ばまでに実用化する予定で、2019年8月までに開発したAPTとポッドの飛行および、機能デモンストレーションを実施するという。

 なお、ベルヘリコプターのAPTは、テイルシッター型の電動垂直離着陸機にペイロードポッドを搭載。この垂直離着陸機は時速160km以上の速度で飛行し、小型機では最大7kg、大型機では最大453kgの積載量を誇る。こうしたAPTの性能によって、別次元の輸送サービスやオペレーション効率の向上が実現できるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]