logo

Facebook、不正なページやアカウント約800件を削除--米中間選挙控え

(CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年10月12日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間10月11日、米中間選挙を前に、扇情的な政治コンテンツを投稿していたページやアカウント800件以上を削除したと発表した。これらのコンテンツは、スパムや「虚偽の行動」を禁止している同社のルールに違反したという。

 Facebookでサイバーセキュリティ対策の責任者を務めるNathaniel Gleicher氏と製品マネージャーのOscar Rodriguez氏は、ブログ記事で次のように述べている。「Facebookでわれわれが目にする虚偽の活動の大部分は、概して政治ではなく金銭を動機とするスパムだ。その背後にいる者たちは、われわれの対策強化に合わせて自らの行動を適応させている」

 Facebookは、同社のルールに違反しているページ559件とアカウント251件を削除したと述べた。同社によると、それらのアカウントの一部は政治討論フォーラムに見せかけたアドファームだったという。その他のアカウントは、偽の「いいね!」やシェアを利用して、コンテンツがFacebookのニュースフィードの上位に表示されるようにし、ユーザーへのリーチを拡大しようとしていた。

 The New York Timesによると、削除されたアカウントには、310万人を超えるフォロワーを擁するRight Wing Newsなどの保守系ニュースサイトや、ResistanceやReverb Pressなどの左派グループなどのものがあったという。

Facebook
提供:SOPA Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]