logo

ルービン氏率いるEssential、AIを駆使したスマートフォンを開発中か

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月11日 08時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Essentialは、ユーザーの振る舞いを模倣する人工知能(AI)が、ユーザーに代わってメッセージに自動応答するスマートフォンを開発しているという。Bloombergが報じた。Essentialは、「Android」の生みの親であるAndy Rubin氏がGoogleから独立して創業した会社だ。

 この端末は、標準的なスマートフォンとは異なり画面が小さく、主に音声コマンドで操作するという。EssentialのAIソフトウェアによって、予約を取ったり、テキストメッセージを送信したり、電子メールに返信したりすることを学習し、電話をかけさせることもできると、Bloombergは報じている。

 Essentialは、他のプロジェクトを中断してこのスマートフォンを開発していると報じられている。同社は2017年5月に「Essential Phone」を発表して以来、新しいスマートフォンをまだリリースしていない。

 Essential Phoneを発表した後、同社はいくつかの問題に見舞われた。Essential Phoneは発売を迎えるまでに延期を経験し、Essential Phone 2にいたっては開発が中止になったと報じられている。創業者のAndy Rubin氏が、同社の売却を検討しているとする報道もあった。

 GoogleのAndroid OSの生みの親の1人であるRubin氏が手掛けるということで、Essential Phoneに高い期待を寄せる人もいた。しかし同端末は、カメラが低い評価を受け、全般的に失敗作だったとみなされている。

「Android」の生みの親として知られるRubin氏
「Android」の生みの親として知られるRubin氏
提供:Brian Ach/Getty Images for Wired

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]