logo
Kickstarter

VR空間を歩き回れるサンダル型デバイス「Cybershoes」--Kickstarterで人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)ヘッドセット対応ゲームは没入感が高いものの、歩き回るタイプのゲームでVR空間を移動しようとすると現実の世界に引き戻されてしまう。というのも、自分の足を使って移動するのではなく、コントローラを操作する必要があるからだ。歩く動作をVR空間の移動操作に反映させる「Virtuix Omni」のようなデバイスは存在するが、大がかりになってしまい、家庭では使いにくい。

 そこで、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した、気軽に導入できる歩行型VRデバイス「Cybershoes」を紹介しよう。

サンダル型のVR歩行デバイス(出典:プレスリリース)
サンダル型のVR歩行デバイス(出典:プレスリリース)

 Cybershoesは、サンダルのような形をしたVR用コントローラ。装着した足を動かすと、底面のローラーが回転し、その情報をVR空間へ反映させられる。椅子に座って歩くように足を床の上で動かせば、VRの世界を自然に歩ける。実際に歩くわけでないので安全なうえ、部屋の大きさという制約からも解放される。

VR空間を歩き回れる(出典:Kickstarter)
VR空間を歩き回れる(出典:Kickstarter)

 ローラーの動きを検出するだけでなく、Cybershoesは足の向いている方向もトラッキングしている。そのため、VRヘッドセットで顔を向けた方向と、足の向いている方向を別々に認識してゲーム内で処理できる。

視線と体の向きを別々に認識(出典:Kickstarter)
視線と体の向きを別々に認識(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間11月1日まで。記事執筆時点(日本時間10月9日14時30分)でキャンペーン期間は23日残っているが、すでに目標金額3万ユーロ(約339万円)の5倍を上回る約16万3000ユーロ(約1843万円)の資金を集めている。

 なお、26万ユーロ(約2940万円)以上集まった場合は、Cybershoesを上下に動かしてかがむ動作を再現できる機能を追加する計画。さらに、ジャンプする機能の追加も予定している。

ジャンプ機能が追加されるかも(出典:Kickstarter)
ジャンプ機能が追加されるかも(出典:Kickstarter)

Cybershoesの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]