logo

ドゥモア、米国Virtuixの歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」を国内販売

佐藤和也 (編集部)2016年06月27日 15時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドゥモアは6月27日、米国に拠点を持つVirtuixの歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」の国内販売を発表、同日より予約受付を開始した。直営店「ドゥモア・ショップ」の完全予約制で、通常価格は16万8000円(税込)で、7月末までの予約による早割価格は13万8000円(税込)。出荷開始は7~9月を予定している。

  • 歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」

 このVirtuix Omniは、Kickstarterで目標額の15万ドルを大きく超えたVRデバイス。家庭内で本格的なVR体験を可能とするために開発された歩行型デバイスで、ユーザーが床部分を専用シューズですべるように歩くことにより信号が送られ、現実空間の動きがゲーム内に反映される。360度全方位でユーザーの前進や後退、回転などの動作に対応。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)型VRシステムのOculus Rift、HTC Vive、Gear VRなどと組み合わせることにより、ゲーム内を実際に歩いているような感覚が味わえるという。

 本体サイズは幅140cm×長さ139cm×高さ89cmで、本体重量は130kg。本体のほか、専用シューズ1足、トラッキングポッド1セット、ハーネス1つがセットとなっている。

-PR-企画特集