logo

AIに対して音声指示や対話、ハンズフリーで業務に集中できるMRソリューション

佐藤和也 (編集部)2018年10月04日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネクストスケープとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月4日、AIに対して指示や、対話をしながら複合現実空間で作業ができるMRソリューションの提供を同日から開始した。

MRソリューションのイメージ
MRソリューションのイメージ

 このソリューションはマウント型のMRデバイス「Microsoft HoloLens」と、対話型自然言語解析AIエンジン「Communication Engine "COTOHA Virtual Assistant”」(COTOHA VA)を連携させたもの。Microsoft HoloLensを装着した作業者は、COTOHA VAに語りかけることで、作業に必要な情報をAIから聞き出すことができる。

 AIの発話内容や補足情報を、Microsoft HoloLens上のディスプレイに表示することが可能。COTOHA VAはさまざまな業務システムとの接続が可能であるため、メールやスケジュールの情報を参照することもできるという。

 音声による指示や対話が可能であるため、作業者はハンズフリーで業務に集中することができ、作業効率の大幅な改善や、キーボードが使えない環境でのICTリソースの活用が可能になるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]