logo

「アサシン クリード オデッセイ」を「Chrome」でプレイ--グーグルが新技術を実験

Morgan Little (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月02日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月1日、まもなく発売予定のゲーム「アサシン クリード オデッセイ」を「Chrome」ブラウザでプレイできるようにするため、Ubisoftと提携したことを発表し、人々を驚かせた。

提供:Screenshot by CNET
一部の人は「アサシン クリード オデッセイ」がChromeでプレイできる
提供:Screenshot by CNET

 「PlayStation 4」「Xbox One」、およびPC向けに「アサシン クリード オデッセイ」が発売される5日より、一部のユーザーはGoogleの新しいストリーミング技術「Project Stream」をテストできるようになる(応募できるのは米国に住む17歳以上の人のみ)。人気のAAAゲームをストリーミングプラットフォームでプレイ可能にする取り組みにとって、Project Streamのテストは大きな進歩になるかもしれない。

 GoogleはProject Streamを発表するブログ記事の中で、「ゲームコントローラと画面上のグラフィックスの間でほぼ即時のやりとりを必要とする、高度にグラフィカルなコンテンツをストリーミングするという概念には、多くの課題がある。テレビや映画をストリーミングする場合、最初に数秒のバッファリングが発生しても消費者は気にしないが、高品質のゲームをストリーミングするには、遅延をミリ秒単位に抑える必要がある。グラフィックの劣化を発生させてもいけない」と述べた。

 「アサシン クリード オデッセイ」をストリーミングプラットフォームでプレイ可能にしようとしているのは、Googleだけではない。Ubisoftは日本で同ゲームをクラウドサーバ経由で「Nintendo Switch」に提供する予定だ。

 Googleがゲーム業界への取り組みをより本格化させてゲームストリーミングサービス(初期の報道では「Yeti」と呼ばれていた)を開発中だとのうわさがかなり前から流れていたが、今回の発表はそうした中で行われた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]