logo

ソニー、強さも身につけたSDカード「SF-Gシリーズタフ仕様」--防水防塵性能も確保

加納恵 (編集部)2018年10月03日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーから、速さだけでなく強さも身につけたSDカードが登場した。10月3日、世界最速のSDカードとして2017年に登場した「SF-G」シリーズに、強靭性、防水性、防塵性を加えた「SF-Gシリーズタフ仕様」を発表した。32、64、128Gバイト(想定税別価格:1万4000円前後/2万円前後/4万円前後)の3タイプをラインアップ。10月20日から順次発売する。

「SF-Gシリーズタフ仕様」
「SF-Gシリーズタフ仕様」
32、64、128Gバイトをラインアップする
32、64、128Gバイトをラインアップする

 SF-Gシリーズタフ仕様は、ユーザーの約半数が「SDカードが壊れた経験がある」という独自のアンケート調査から得た結果を受け、開発したもの。約3年の構想を経て、今回発表に至ったという。

 SDカードの破損はカードが折れる、プロテクトスイッチが壊れる、背面のリブが破損するなどが主な例となっており、ソニーではこうした破損例に強いSDカードを目指したという。

 カード自体が折れる破損については、従来メモリと2枚の樹脂製ケースを重ねて合わせて製造していた構造を、メモリの周りに樹脂を流し込む一体成型を実現。アーモンドをチョコレートでコーティングするようなイメージのもので、金型に高硬度の樹脂を流し込むことで成形している。これにより、曲げ強度18倍、5メートルの落下試験をクリアする耐衝撃性能を確保。約18kgの衝撃を受けても耐えられる強靭性を備えた。

 壊れやすいリブとプロテクトスイッチは構造を見直し、リブレス仕様、プロテクトスイッチレスのSDカードを初めて開発。本体にはIP68の防水防塵性を備え、水深5メートルで72時間の防水テストをクリア、SDカードがポケットに入った状態で洗濯をしてしまったなどのトラブルにも対応する。

左が従来のSDカードで、右が「SF-Gシリーズタフ仕様」。リブとプロテクトスイッチがない構造になっている
左が従来のSDカードで、右が「SF-Gシリーズタフ仕様」。リブとプロテクトスイッチがない構造になっている
従来のSDカード(左)と「SF-Gシリーズタフ仕様」(右)の背面比較
従来のSDカード(左)と「SF-Gシリーズタフ仕様」(右)の背面比較

 ソニーでは、撮影前にメモリの状態を診断する「SD Scan Utility」サービスを提供しているほか、誤って削除してしまったデータを可能な限り復元する「ファイルレスキュー」サービスも展開。撮影前から撮影後まで、トラブルを防止するシステムを整えている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]