logo

ハエのように飛ぶロボット、ホバリングや宙返り、時速25kmで移動--デルフト工科大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オランダのデルフト工科大学とワーヘニンゲン大学の研究チームは、ハエのように羽ばたいて飛ぶロボットを開発した。幅33cm、重さ29gという小さなロボットだが、ホバリングや360°空中回転するほか、時速25kmの速さで飛行できるという。

ハエのように羽ばたいて飛ぶ小型ロボット(出典:デルフト工科大)
ハエのように羽ばたいて飛ぶ小型ロボット(出典:デルフト工科大)

 このロボットは、ショウジョウバエの動きを参考にしており、4枚の羽を動かして飛ぶ。羽を毎秒17回動かして空中に浮かぶ力を得ると同時に、動かし方を変えることで移動制御もする。

4枚の羽を動かして飛ぶ(出典:デルフト工科大)
4枚の羽を動かして飛ぶ(出典:デルフト工科大)

 その動きは昆虫そのもので、位置を変えずに浮いた状態を保つホバリングだけでなく、素早く移動したり、360°宙返りしたりすることも可能。移動時の最高速度は時速25kmに達する。エネルギー効率にも優れ、フル充電状態で5分間ホバリングし続けることや、1km以上移動することが可能だそうだ。

 研究チームは、このロボットの技術が新たなタイプのドローン開発につながるほか、ショウジョウバエの飛行メカニズム解析にも役立つとしている。

開発した飛行ロボットの紹介ビデオ(出典:デルフト工科大/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]