logo

柔らかい素材で装着感に優れたパワーアシスト外骨格スーツ--ハーバード大学が開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーバード大学の研究チームは、布を多用して柔らかな装着感の得られる、外骨格方式の多関節パワードスーツを開発した。歩行時にパワーアシストして装着者の動きを助け、移動時の疲労を軽減するという。

装着感に優れたパワーアシスト外骨格スーツ(出典:ハーバード大学)
装着感に優れたパワーアシスト外骨格スーツ(出典:ハーバード大学)

 このパワードスーツは、パワーアシスト機能付きの外骨格スーツ。腰、太もも、ふくらはぎに取り付ける部分を織物で作ることで、柔らかな装着感を実現するとともに、脱着しやすくした。さらに、装着者ごとに異なる体形にも調整して合わせやすくなった。

 パワーアシスト用の駆動機構はバックパック内に収め、ケーブルで臀部(でんぶ)付近とかかとに力を加える。こうすることで歩行時の動きを助ける。サポート力は、装着者の歩き方に合わせてダイナミックに調整する。

 実際に歩く実験で効果を検証したところ、このスーツの助けで歩行時の代謝を減すことができて、歩いたり走ったりする際のエネルギー消費を少なくできるそうだ。

 研究チームは、兵士や消防隊員、レスキュー隊員の徒歩移動を支援して体力を温存させることで、現場到着後に効率よく作業できる、としている。さらに、体が不自由になったり、加齢で体力がなくなったりした人の行動も助けられるという。

開発した外骨格スーツの紹介ビデオ(出典:ハーバード大学/Vimeo)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]