logo

アマゾン、新たなコンセプトのリアル店舗「Amazon 4-star」をNYにオープン

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2018年09月27日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間9月26日、同社のウェブサイトで評価が星4つ以上の商品、ベストセラー、人気急上昇中の新商品などをそろえたリアル店舗「Amazon 4-star」を、ニューヨーク市のソーホー地区で披露した。この新しい店舗は、各種デバイスや家電類、キッチン用品、ホーム用品、おもちゃ、書籍、ゲームなどを扱う。商品にはデジタル値札がつけられ、通常価格とプライム会員向け割引価格の両方を表示する。同店舗は翌27日からの一般公開が予定されている。

提供:Amazon
提供:Amazon
提供:Amazon
提供:Amazon

 Amazonは近年、さまざまなタイプのリアル店舗の展開に力を入れており、書店のAmazon Books、コンビニのAmazon Go、ショッピングモールなどに展開するキオスク型のAmazon Pop-Up、大学キャンパス内の受取返品センター、食料雑貨のAmazonFresh Pickup、そして2017年に買収したスーパーマーケットのWhole Foodsなどがある。今回のAmazon 4-starはこれらの店舗に続く、新たなフォーマットと言える。

 店舗の名前だけを挙げると上の段落のように長くなるが、Amazonが実際に展開している店舗の数はごくわずかで、Amazon Booksが17店、AmazonFresh Pickupが2店といった程度だ。Whole Foodsは460店舗を構える。

 コンセプト店舗の種類がこれだけ多いことからみて、Amazonがまださまざまなタイプの店舗を試している途中であり、多くの都市に展開可能な、決定版と言える店舗のアイデアにはたどり着いていないようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]