logo

パナソニック、フルサイズミラーレス「LUMIX S」シリーズ発表--「S1」「S1R」の2機種

山川晶之 (編集部)2018年09月25日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月25日、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」シリーズとして、「LUMIX S1」「LUMIX S1R」を発表した。

キャプション
「LUMIX S」シリーズ

 S1/S1Rは、ライカ、パナソニック、シグマの3社によるアライアンス「Lマウントアライアンス」にもとづくカメラで、ライカが開発したミラーレスマウント「Lマウント」に準拠している。

 S1は約2400万画素、S1Rは約4700万画素のフルサイズセンサを搭載。フルサイズミラーレスカメラとして初となる4K/60Pによる動画撮影に対応。ボディ内手ブレ補正機構を搭載し、レンズとボディによる手ブレ補正システム「Dual I.S.」に対応する。また、XQDとSDのデュアルスロット、3軸チルト液晶、防塵防滴に対応する。

キャプション
約4700万画素の「LUMIX S1R」と約2400万画素の「LUMIX S1」
キャプション
AFはコントラスト方式を採用するようだ
キャプション
液晶は3軸チルト方式

 レンズは、50mm F1.4の単焦点レンズに加え、24-105mm、70-200mmのズームレンズをラインアップ。LUMIX Sのローンチから1年で合計10本のレンズをラインナップするとしている。また、すでにライカがLマウント用に提供しているレンズなどとも互換性があるという。

キャプション
まず最初にラインアップする3本のレンズ
キャプション
ライカが提供しているLマウントレンズのほか、シグマが提供する製品にも対応予定

 パナソニックでは、ミラーレスカメラとしてマイクロフォーサーズに準拠したカメラ製品群「LUMIX G」を長年提供している。今後、LUMIX Sでは写真品質などに、LUMIX Gは携帯性などに重点を置くという。今回、LUMIX Sシリーズの発表に合わせ、マイクロフォーサーズ向け広角レンズ10-25mm F1.7(35mm換算20-50mm)を投入すると発表している。

キャプション
マイクロフォーサーズは継続
キャプション
「LUMIX S」シリーズの発表に合わせ、マイクロフォーサーズ向け広角レンズ10-25mm F1.7(35mm換算20-50mm)を投入する

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]