logo

新作試遊やステージで大賑わい、eスポーツなど観戦の楽しみも--一般公開日のTGS2018

佐藤和也 (編集部)2018年09月25日 13時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 一般公開日の入場口の様子。

 一般公開日の入場口の様子。

 9月20日から幕張メッセで開催された国内最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2018」(TGS2018)が、23日に閉幕。22日と23日は一般公開日として、多くの人が詰めかけた。その模様を写真とともにお届けする。

 TGS2018では、各社が力を入れるコンシューマ向け大型タイトルやスマートフォン向けゲームタイトルをはじめ、趣向を凝らしたVRコンテンツも展示。一般公開日らしく、開発関係者や著名人、声優を招いたファン向けのステージイベントも多数行われ、各所で盛り上がりを見せていた。そして既報の通り、TGS2018における会期4日間の総来場者数が29万8690人となり、歴代最多。一般公開日も、前年に比べて両日ともに増加した。

 開場直後から試遊の整理券を求めたり、順番待ちの列に並ぶ来場者も多く、早い段階で配布を終了したり、列の入場を規制したりするタイトルが続出。最近は盛り上がりが落ち着いたようにも見えるVRコンテンツの試遊も、かなり早い段階で整理券の配布を終了するところが見受けられるなど、依然として関心度の高さをうかがわせた。

 そして主催者側として力を入れている「eスポーツ」についても、「e-Sports X」ステージを中心に、各メーカーのブースでさまざまなゲームを使った大会やデモプレイを実施。多くの観客を集めていたブースも少なくない状態で、ゲームを観戦する楽しみというのも浸透していることをうかがわせた。

 ステージイベントなど現地からのネット中継が普及したなかでも、TGSに足を運ぶ動機や楽しむ目的は個々それぞれだと思われるが、ゲームに対して前向きに興味や関心を持つファンが数多く存在し、来場していたものと感じている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]