logo

タイトー、懐かしのアーケード筐体を再現した「ARCADE1UP」をTGS2018に出展

佐藤和也 (編集部)2018年09月18日 15時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TGS2018におけるタイトーブースイメージ
Scroll Right Scroll Left

TGS2018におけるタイトーブースイメージ

 タイトーは9月18日、9月20~23日に幕張メッセにて開催される東京ゲームショウ2018において、家庭用ゲーム筐体「ARCADE1UP」をプレイアブル出展すると発表した。

 このARCADE1UPは、米国Tastemakersが製造する家庭用ゲーム筐体で、これまで世界中で稼働していた業務用のアップライト型のアーケードゲーム筐体を3/4スケールで再現したもの。筐体はコンパクトなパッケージで配送され、届いたら自分で組み立てて完成させるもの。平均的な組み立て時間は30分程度という。組み立てる楽しさと遊ぶ楽しさがひとつになった商品とうたっている。

 タイトーは、ARCADE1UPの日本国内での独占販売権を取得し、9月18日からAmazon.co.jp にて、数量限定の特別価格で先行予約の受付を開始する。

 第1弾のラインアップはタイトーの「スペースインベーダー」、「パックマン」「ギャラガ」(バンダイナムコエンターテインメント)の3機種。発売日は2018年12月予定で、価格は各5万8000円(税別)。筐体サイズは幅483mm×高さ1163mm×奥行584mm。スクリーンサイズは17インチLCDで、筐体重量は約25kg。電源はAC100V 1A 50/60Hz、日本仕様ACアダプタが同梱されている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]