logo

頭の動きで商品購入--「iPhone X」のカメラとARKitを使う新技術、eBayが公開

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年09月12日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットオークションや通販を手がけるeBayは、障害のある人にとって買い物がより身近なものになることを望んでいる。

 eBayは、Appleの拡張現実(AR)ツール「ARKit」と「iPhone X」のカメラを使って頭の動きを追跡する技術を開発し、手を使わずに買い物ができるようにした。このオープンソースプロジェクト「HeadGaze」は現在、コード共有オンラインコミュニティ「GitHub」に公開されている。

HeadGaze
HeadGazeでは少しの頭の動きによって画面をスクロールできる
提供:eBay

 eBayのインターンで同プロジェクトの開発に携わったMuratcan Cicek氏は米国時間9月11日、ブログにこう書いた。「広範な運動障害があるため、私は手足を自由に動かせない。こうした制限によって、一人で食料雑貨店に行って買い物をするような、日々の作業を実行する能力が妨げられている。たとえ私自身の収入があってもだ」

 この技術を利用するeBayの試作アプリにより、ユーザーはわずかな頭の動きで、iPhone上のスクロールや移動を実行できるようになる。ブログによると、一例として、今日どのような特価品が掲載されているのかを見たければ、上下ボタンの方に頭を向け、各カテゴリの特価品までスクロールできるという。左右ボタンに頭を向けると、ベルトコンベヤのように水平方向に商品をスワイプできる。

 このプロジェクトを携え、eBayは障害者支援に取り組むテクノロジ企業の仲間入りをする。Googleは8月、GN Hearingと協力し、ストリーミングをサポートする低電力補聴器を開発中だと発表した。「Android」の将来のバージョンに接続できるため、難聴の人がAndroidデバイスと補聴器をペアリングし、デバイスの音声を補聴器から聞けるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]